2/29/2012

バカじゃないかしら。 #cerezo

香川と乾がいるんだったら、普通に先発でそろえなさいよ。

見つめ合うくらい仲がいい、とか超えて、見てなくてもどこにいるかわかる二人なんだからさ。



まあ、ザックもこの試合でよくわかったでしょうよ。

Stadium MASTER 本間 勇輔(ホンマ ユウスケ) #cerezo

OFFFICIAL PROFILE
wikipedia
今年還暦です。お祝いしましょう。



スタジアムを祝祭空間に変える「音の魔術師」

ヨーロッパサッカーにも精通するガチでサッカー大好きなスタジアムマスター。少し渋めのミュージックチョイスと誇りを感じずにはいられない楽曲提供でセレッソサポーターの心の拠り所を作ってくれた愛すべき人。

生活圏は関東なのにいつもスタジアムにいてくれるのが個人的にはとても嬉しい。

Interpreter 白沢 敬典 (シラサワ タカノリ) #cerezo

OFFFICIAL PROFILE
41歳
異名:ガンジー、またはガンジー、およびガンジー

男前な方がガンジーさんです。

西中島の推しメンです。

歴代ブラジル人監督、コーチ、選手から絶大な信頼を寄せられる「愛と情熱の通訳」とにかくいつも笑顔を絶やさず、カメラに写った画像はどれも可愛いのです。チョイカワオヤジ。

その一方レヴィー・クルピ前監督をかばって退場すること通算2回という熱い一面も。ソアレス監督とのコンビネーションはどんな感じになるだろう。

あと、ブランキーニョには怒ってもいいと思うよ。

Stadium DJ 西川 大介(ニシカワ ダイスケ) #cerezo

OFFFICIAL PROFILE
wikipedia
170cmくらい/多分60kg台 おやおやもう33歳 O型
異名:にしかわくん

男前のほうが西川くんです

絶対噛まないスタジアムDJ

本気でセレッソを愛してくれるJリーグ1ナイスなスタジアムDJ。年々円熟味は増しているのに、若さは変わらないちょっとお得な体質の持ち主。

考えてみれば試合の度に120分間ほぼしゃべりっぱなしの叫びっぱなしなのに最後まで声がクリーンなままな西川くん、さすがプロです。

2/28/2012

Coach セルジオ・ソアレス (SERGIO SOARES Da Silva)

OFFFICIAL PROFILE
wikipedia
45歳
前所属:ECサント・アンドレ
異名:






熱血スパルタ指揮官

サポコンでのスピーチとキャンプ情報しか得ていないが、かなりのスパルタタイプのようだ。毎年スタートが鈍いセレッソにはピッタリかも知れない。

熱いハートとイカツイ面構えでセレッソを勝利に導く、かも。

2/27/2012

長居で祝え!長居バル!! #cerezo

いや~、久しぶりです。仕事が忙しくて忙しくてたまらんかったです。今も忙しいんですが、ちょっとばかし楽しい話題があったのでお知らせです。


3/17の大阪ダービー。当然セレッソが勝つわけだけど、いつもみたいに街に繰り出しても厳しいですよ~。なにせ長居に4万人のサッカーバカがうごめいてるからね。

勝ってからがダービー2次会です。


でもご安心あれ、ちょうどちょうど、長居ではお祭りが開催されているのです。

その名も「長居バル

阪和線と地下鉄御堂筋線の長居駅近辺にある29のお店や団体が参加するお祭りで、チケットを買っておけばいろんなフードやドリンクが気軽に楽しめるって趣向です。

お酒がダメッて人でもフード系が充実しているお店があるからOK!時間がない人はおみやげを用意されているお店もあってなおOK!!という非常に至れり尽くせりなイベントです。あ、お店リストはこっち


ダービーが終わって一息つけば、一杯飲むには丁度いい時間帯。今からどのお店で騒ぐのか選んでおいてね。

じゃ、3/17は長居で祝おう!


長居バル

2/24/2012

#19 FW 永井 龍 (ナガイ リョウ)

OFFFICIAL PROFILE
wikipedia
Blog
180cm/75kg 19歳 B型
前所属:セレッソ大阪U-18
異名:リョウ

position


セレッソ一のマッチョガイ

 筋骨隆々のボディは歩く筋肉標本。スプリント能力とフィジカルの強さを武器に戦うセカンドトップタイプのフォワード。

今年は競争相手が多く、勝負の年。まずはJ初得点を。

#16 FW 杉本 健勇 (スギモト ケンユウ)

OFFFICIAL PROFILE
wikipedia
Blog
187cm/79kg 19歳 A型
前所属:セレッソ大阪U-18

position


伸びしろたっぷりの大型FW

高さ、強さ、柔らかさを併せ持つユース出身の大型FW。ムラッ気が多いところも含めてアキ2世。

今年は世代別代表にも選出されるなど少しずつ実力を認められ始めているが、まだまだ実力はこんなものではない。ケンペスや播戸らと切磋し、より上を目指して欲しい。


2/23/2012

#11 FW 播戸 竜二 (バンド リュウジ)

OFFFICIAL PROFILE
wikipedia
Blog
171cm/67kg 32歳 B型
前所属:ガンバ大阪

position


頼りになるベテラン。

去年はスーパーサブの枠を超える大活躍、アウェー清水戦、ホーム広島戦と、ともに途中出場でハットトリックを達成した。

持ち味は何と言ってもゴール前での冷静さと、味方を鼓舞する熱いハート。後輩を可愛がり、育てる頼もしいアニキ分。



#9 FW ケンペス(Everton KEMPES Dos Santos Goncalves)

OFFFICIAL PROFILE
wikipedia
Twitter
182cm/77kg 29
前所属:アメリカ・ミネイロ
(期限付き移籍、新加入)
異名:

position


期待の点取り屋

「ネイマールと同じゴール数」というふれこみのセンターフォワード。動画を見るとボックス近くでいいボールを受けると威力を発揮するタイプのようだ。

4-2-3-1の1トップはかなり特殊なスキルを要求されるので、セルジオ監督の2トップ選択はケンペスにとってはプラスに働くだろう。まずは太めの体を絞るところから。



2/22/2012

チャントを歌うということ。 #cerezo

最近ブログが滞っていてすまない。仕事が忙しいのはいいことだけど、こう続くとなかなかね。

でも、もう来月には開幕だから、気分は悪くない。


さて、稀代のチャントマスター、ハマちゃんのおかげで、セレッソに新しいチャントが加わった。柿谷のチャントがまた歌えるのは、嬉しいね。


ケンペスブランキーニョのチャントやBLOW TOPとの合同制作チャント「Realizer」なんかも…。

イチオシの村田にもチャントが!とかね。詳しくはROU1994のチャンネルをチェックしてほしい。選手名鑑にも追々追加していくよ。


サッカーの歴史をたどっていくと、昔は隣り合った村同士で、ボールを使って陣取り合戦みたいな祭りをしていたところくらいまで行き着くらしい。昔は祭事だったわけだ。

祭事というと平和なイメージがあるけれど、人間の闘争本能をうまくガス抜きさせるための擬似的な戦争なんじゃないかと思っている。喧嘩っ早い泉州にだんじり祭があるのは偶然じゃない。ガスがたまりやすいところにはデカイ祭りが必要なんだ。


現在のサッカーも、未だにこの古典的な祭事の色を濃く残している。オラが街のチーム、自分たちの代表が、その街、その国のために戦うのだから、サポートしないわけにはいかない。

ただピッチまで乱入して相手を小突くわけにもいかず、方法は限られてくる。

だから、同じ色の服を着て、同じ旗を振り、同じ歌を歌うのだ。

「四面楚歌」という言葉があるけれど、歌だって武器なのだ。四方から敵の歌が聞こえてくれば、相手はそれだけで恐れおののく。 それはほんの僅かかも知れないけれど、勝利のために役立つ武器だ。


チャントを覚えて、声の限り歌おう。手を叩き、かざし、力のかぎり歌おう。選手はかならず応えてくれる。

オッサンになって、年々物覚えが悪くなってきたけれど、俺も頑張るからさ。

2/21/2012

#29 MF 後藤 寛太(ゴトウ カンタ)

OFFFICIAL PROFILE
wikipedia
178cm/68kg 18歳
前所属:西宮市立西宮高校
(新加入)
異名:

position

Sorry No Photo!


遅れてきたシンデレラボーイ

公立高校である市立西宮を全国大会に導いたタレント。昨季セレッソの練習に参加し、ここならばと門を叩いた。

18歳にして自身の運命を自ら決める決断力を持つプロ向きの精神力の持ち主。播戸に借りられた学生服はきっちりクリーニング代を請求したほうがいい。

#28 MF 井上 翔太 (イノウエ ショウタ)

OFFFICIAL PROFILE
wikipedia
170cm/63kg 22歳 A型
前所属:阪南大学
(新加入)
異名:

position


セレッソの未来を担うアタッカー

パス、ドリブル、シュートが持ち味の小柄な2列目。まさにセレッソに入団するために生まれたような逸材。


吉野とは生年月日が全く同じ。彼ら二人が次世代のセレッソを担うことになる。

2/20/2012

#26 MF 村田 和哉 (ムラタ カズヤ)

OFFFICIAL PROFILE
wikipedia
Blog
Twitter
168cm/62kg 23歳 O型
前所属:大阪体育大学

position


ピッチを駆ける金色の狼

野洲高校時代のチームメイト乾貴士に影響され、昨年快速右ウイングとしてセレッソに入団した。

当初は右サイドを上下動するだけだったが、中に切れ込む動きを加えることでプレーの幅が飛躍的に広がった。

また同時期に播戸のすすめで髪を金髪に変え、精神的にも何かが吹っ切れた。Jリーグ最終節でリーグ戦初ゴール。天皇杯仙台戦では延長後半に起死回生の同点ゴールを決めている。

今季はフォワードにも挑戦。さらなる成長が待たれる。

2/19/2012

#25 MF 黒木 聖仁 (クロギ マサト)

OFFFICIAL PROFILE
wikipedia
180cm/72kg 21歳 O型
前所属:日章学園高等学校
異名:クロギ

position


豪快な大型ボランチ

潰し役から攻撃の組み立てまで行える万能ボランチ。シュートレンジも長く、時に日本人離れしたプレーで周囲を驚かせる。

その規格外の能力をコンスタントに発揮できれば。サポーターは覚醒を待っている。

#20 MF 高橋 大輔 (タカハシ ダイスケ)

OFFFICIAL PROFILE
wikipedia
Blog
178cm/77kg 28歳 AB型
前所属:大分トリニータ
異名:ダイスケ

position


万博を黙らせた男

去年はケガもあり殆どの期間プレーすることができなかった。しかしACLベスト8をかけた「ACLダービー」でチームを勝利に導く歴史的なゴールをあげ、サポーターを歓喜させた。

今季はまずケガからの復調が目標になるが、我慢強く待てるだけの魅力を持ったプレーヤーだ。


2/17/2012

#18 MF 横山 知伸 (ヨコヤマ トモノブ)

OFFFICIAL PROFILE
wikipedia
184cm/75kg 26歳 O型
前所属:川崎フロンターレ
異名:ヨコ、ソフティー

position


期待の大型ボランチ

高さがあり、ビルドアップの能力も持つボランチ。センターバックとしてもプレーできる器用さも持つ。

昨季のセレッソを苦しめた「高さ」を補い、上本が持っていた最終ラインからの組み立てもできる、セレッソからすれば喉から手が出るほど欲しい存在だったに違いない。

#17 MF 酒本 憲幸 (サケモト ノリユキ)

OFFFICIAL PROFILE
wikipedia
175cm/73kg 27歳 O型
前所属:初芝橋本高校
異名:シャケ

position


秋に咲く「ナニワのフィーゴ」

セレッソ生え抜き最古参となったベテラン。スピードは無いが持ち前のドリブルテクニックとキープ力で右サイドに君臨。精度の高いクロスで得点機を演出する。

夏場まではバテバテ、秋になるとキレキレなのが毎年のお決まりだったが、去年は高橋のケガもあり孤軍奮闘。ほぼ一年間セレッソの右サイドバックを勤め上げた。 貴重な右利きのプレスキッカーでもある。

2/16/2012

#15 MF 吉野 峻光(ヨシノ タカミツ)

OFFFICIAL PROFILE
wikipedia
176cm/67kg 22歳 B型
前所属:国士舘大学
(新加入)
異名:

position


羽根のように軽く

パス、ドリブル、シュート。ゴールに直結する動きに秀でた2列目のゲームメーカー。

サポコンでは荻野の隣という絶望的なポジションにありながら、果敢にウケを狙うなど、大胆な一面を見せてくれた。

桜色のユニフォームを着た彼は、イメージ通りピッチを飛ぶことができるだろうか?

#14 MF 丸橋 祐介 (マルハシ ユウスケ)

OFFFICIAL PROFILE
wikipedia
178cm/73kg 21歳 A型
前所属:セレッソ大阪U-18
異名:マル

position


破壊力あるレフティー

ユース時代は左ウイングでプレー。トップ昇格後にレヴィー・クルピに見出され、左サイドバックとしてブレイクした。攻撃が左に偏りがちなセレッソだが彼や扇原が起点になっている事が多い。

特徴は豪快なオーバーラップ、左足からの正確なクロス、破壊力満点のシュート、それから、不思議な寝言

他の選手のブログに異様な確率で姿を見せる「愛されキャラ」

2/15/2012

#13 MF 柿谷 曜一朗(カキタニ ヨウイチロウ)

OFFFICIAL PROFILE
wikipedia
Twitter
(期限付き移籍より復帰)
173cm/62kg 22歳 B型
前所属:徳島ヴォルティス

position


天才、阿波より戻る。

才能を燻らせていた天才が、徳島でようやくその力を芽吹かせてくれた。サポコンでの万雷の拍手が、彼の復帰に対するサポーターの嘘偽りない気持ちだ。

その期待に応えられるだけのポテンシャルがあることは誰もが知っている。天才だけが持つ閃きに献身性が加わった柿谷は、いったいどんな夢を見せてくれるのだろう。







村田と柿谷の化学反応。 #cerezo

今季初の対外試合、甲府とのTMは45分×2+30分×1の変則マッチで行われた。

主力組が出た1本目が2-0、23分まで主力組、それ以降は控え組となった2本目は3-0、控え組中心の3本目が1-3で、合計6-3。

控え組が少し気になるけれど、この時期からいい滑り出しというのは例年にないことで、驚きと喜びがある。


甲府は昨年降格したものの、メンバーは決して悪くない、(トップチームを見たら松橋と青木とダヴィがいてびっくりした。それにしてもダヴィ太くないか?)その甲府を相手にこれだけ動けたのは上出来だ。


結果ももちろん嬉しいが、少しずつ完成形に近づいていくチームの様子や、選手間の絆のようなものが見られるのもありがたい。


メンバー構成を見ると、ソアレス監督のベースは4-4-1-1に近い4-4-2だということがわかる。以前も2トップの組み合わせに「ケンペスの周りに清武を置くこともある」と言っていたので、センターフォワードタイプの周りにセカンドトップというのが基本のようだ。

この試合ではケンペスと村田、ケンペスと播戸、杉本と播戸、杉本と永井、杉本と南野(U-18)という組み合わせが試されている。

面白いのは、ウインガーの村田が2トップの一角に入り、ゴールを決めているところ。


村田の主戦場は右サイドだと固定観念を持っていたが、セカンドトップとしても機能するとなれば、杉本や永井もウカウカしていられなくなる。こういう競争は大歓迎だ。

また、村田へのパス供給源として柿谷が白眉の働きだったようだ。


村田も自身のブログで手応えを感じている。(「ヨウイチロウ。」村田和哉の日記 - LaBOLA(ラボーラ)2/14付)この二人がいいコンビになるのであれば攻撃の厚みは格段に上がる。

期待していた村田、柿谷がコンビネーションで輝き出す。そんなことを言ったら夢物語かもと考えていたことが、今年最初の試合で実現した。春が待ち遠しいな。

2/14/2012

#10 MF ブランキーニョ (Branquinho/Wellington Clayton Gonçalves dos Santos)

OFFFICIAL PROFILE
wikipedia(BR)
172cm/71kg 29歳
前所属:アトレチコ パラナエンセ
(新加入、完全移籍)

position



タイトル奪取の切り札

セルジオ・ソアレス監督から「タイトルを取ろう」との誘いを受け、ブランキーニョは海を渡った。

ボックスに巧みに入り込む様は香川のよう、豪快なミドルは古橋を思い出させる。サポコンでも物怖じしないハートを披露し、サポーターを笑わせてみせた。彼の活躍もまたセレッソの上位進出に欠かせない戦力だ。



2/13/2012

杉本健勇は日本を救えるのか? #cerezo #daihyo

U-23日本代表ではマレーシア戦に向けてのメンバーが発表になった。セレッソからは山口螢、扇原貴宏に加え、FWの杉本健勇がメンバー入りしている。

セレッソのサポーターならばご存知かと思うが、サッカージャーナルでご覧の方に向けて簡単に「ケンユウ」を紹介したい。




■未完の大器。

杉本健勇は大阪生まれ、大阪育ちの19歳。セレッソのユースから昨年トップ昇格を果たした「大阪で煮染めた」ような存在だ。俺は今、彼が生まれた生野に住んでいるけれど、試合の日にセレッソのユニフォームでブラブラしていると「杉本のサポーターか?」と言われることが度々あった。

身長は187センチ、しっかりした体格だが、不器用ではない。ボールタッチは柔らかく、センターフォワードとして「アキ(西澤明訓)2世」になってほしいと期待しているサポーターも多い。

その反面ガツガツしたところが無く、たまに淡白なプレーをする。それが原因でクチの悪いサポーター(そういう人をサポーターと言うのかは別にして)から心ないヤジを受けることもある。正直に言って、まだ「覚醒」していないプレイヤーだ。


■セレッソの特異性。


これはもちろん杉本自身にも幾らかの問題がある。しかし全てを押し付けるのは少し酷な話だとも感じている。

西澤がいたころのセレッソにはバロン、ファン・ソンホンといった手本となるべきセンターフォワードがいて、日々成長できる環境があった。そしてなにより、森島寛晃という素晴らしい相棒がいた。

システムにしても違いがある。「アキ・モリシ」時代のセレッソも、杉本がトップ昇格を果たした昨年のセレッソも、同じ「4-2-3-1」であるが、前者がアキ・モリシのコンビを最大限に活かすためのシステムであるのに対し、後者は3シャドーの威力を最大限に引き出すためのシステムになっている。そのため1トップ役の選手はかなり特別な才能を必要とする。

2010年にはアドリアーノ、2011年には播戸竜二がこの位置で二桁得点を上げているが、アドリアーノはボールを預ければ勝手に仕事ができるフォワードであり、播戸は3シャドーからいいボールをもらうために自分自身のプレースタイルを微調整させる器用さを持っていた。

杉本はまだトップチームでは自分のスタイルも確立していない段階。彼らのマネをしろ、彼らに続けというのは厳しい。


■オーソドックスなシステムならば?

U-23もまた基本のシステムは「4-2-3-1」であるが、大迫、杉本と高さのあるプレーヤーを2枚前線に並べ、永井、東、原口ら2列目のタレントをその下に置くというオプションも十分に考えられる。

彼らや両サイドバックからいいクロスボールを供給してもらえるならば、杉本の高さやテクニック、スケールの大きさが生きる可能性はある。ボランチにチームメイトである山口螢、扇原貴宏がいるのも心強い。


正直に言ってこの段階でこういう不確定な要素に頼るのは厳しい話だ。今の代表に選手を育てる要素が残っているのかもまだ疑わしい。しかしそれでも杉本には期待に応えられる素養が十分にあると確信している。

健勇、生野魂見せてやってくれ。



【12/02/13】山口 螢選手、扇原貴宏選手、杉本健勇選手 U-23日本代表メンバーに選出のお知らせ

#8 MF 清武 弘嗣 (キヨタケ ヒロシ)

OFFFICIAL PROFILE
wikipedia
Blog
177cm/66kg 22歳 O型
前所属:大分トリニータ
異名:キヨ

position

大分の星、セレッソのエース、五輪の希望、日本の未来。

ドリブル、パス、シュート、フリーラン、ヘディング、攻撃のすべての要素を併せ持つ新しい背番号8。人見知りするシャイな心だけがウィークポイントだが、それもまた彼の欠かせない魅力。

今年はケガで出遅れたが、開幕へ向けて調整が進んでいる。海外移籍も秒読み、少しでも長く、少しでも多く、彼のプレーを見ていたい。


#7 MF キム ボギョン (金 甫炅)

OFFFICIAL PROFILE
wikipedia
Twitter
178cm/73kg 22歳
前所属:大分トリニータ
異名:ボギョン

position


パク・チソンの後継者

パク・チソン自らが後継者に指名した逸材。シーズン序盤こそ出遅れたものの、夏には毎試合のようにゴールを量産、存在感を見せた。

左足から放たれる豪快なシュート、正確なパスと、僅かな接触プレーではビクともしないキープ力が武器。殆どのプレーを左足で行うが、右足でのキックも精密。彼が右サイドから内に切れ込む時、それが「黄金銃」が放たれる合図だ。

2/12/2012

もうすぐ春になるのでしょう。

家内の様子がよくなり、外に出て食事ができるまでになりました。

ショッピングモールの外に植わってある梅の花も、少しずつ咲き始めていて、ああ、この寒い季節もようやっと終わるのだと実感したのです。



この固いつぼみがすべてほどけるまでには、何かが良くなると信じています。


実母の家まで戻ると、娘が手作りのハンバーグをしつらえていました。





大人になった娘の姿を、早く見せたいと思います。

もう少し、見守っていただけるとありがたいです。

#6 MF 山口 螢(ヤマグチ ホタル)

OFFFICIAL PROFILE
wikipedia
173cm/72kg 21歳 A型
前所属:セレッソ大阪U-18
異名:ホタル

position



覚醒したユースの星

扇原の影に隠れてしまったが、山口螢も去年ブレイクした一人。以前から持ち味としていた攻撃の組み立てに加え、アンカーとしての守備技術が向上、シーズン終盤、天皇杯では不動のスターターとして活躍した。

今季は潰し役のボランチができる選手が少なく、螢が戦線を離脱するとチーム編成が大きく傾く。一年を通しての活躍ができるか。